松山英樹のドライバーの打ち方をスロー動画に飛距離アップの秘密あり!

ゴルフスイング ドライバーの打ち方

松山英樹のゴルフスイング

 

ゴルフスイングは奥が深い

  • もっと飛距離を出したい!
  • もっと正確性を出したい!
  • もっとゴルフが上手くなりたい!

ゴルフが上達すればするほど、その悩みは深くなっていき多くなっていきます。

 

ゴルフスイングは年齢や性別、体格差もありますからそれぞれ個性があっていいんですが、アマチュアゴルファーはプロの様なかっこいいゴルフスイングと飛距離に憧れます。

 

当サイトでは、少しでもプロの様なゴルフスイングと飛んで曲がらないドライバーの打ち方を紹介していますので、是非参考にしてください。

 

松山英樹のゴルフスイング連続画像

 

【松山英樹のドライバーショットのポイント】

 

アドレスはワイドスタンスで安定感抜群
肩幅より広い結構なワイドスタンスでしっかりと地面を支えた状態で構えます。

 

トップの位置はワイドテークバックでねん転を深く
バックスイングのクラブの円弧が大きく、右股関節を支点に上体を回し深いねん転を作っている

 

体重移動が大きいダウンスイング
ねん転でためたパワーを、左サイドに体重移動して一気に解放、タメはそれほど深くない

 

インパクトは頭とクラブヘッドが引っ張り合う
インパクト後もヘッドは低空飛行を続けて、頭とヘッドが引っ張り合いを続ける、頭を残しながら球を押し込む、これが飛距離の源

 

フォローは真っすぐ長く振り抜く
左股関節を支点に回転し、フェースを返さず真っすぐヘッドを押すので強振しても曲がらないのでプレッシャーに強い

 

フィニッシュは最後までパワを出し切る
強振してもバランスが崩れることなくフィニッシュ、最終的に手の位置が高く収まる

松山英樹のゴルフスイング動画

松山英樹 スイング 最新 ドライバー超スロー

 

独特のゆっくりとしたバックスイングと大きなフォロースルーが特徴の松山英樹プロのドライバーショット。

 

このアングルでみると、フォローがかなり高く抜けていて、あまりフェースを返してないように見えます。
インサイドからアウトサイドにアッパー目に振ってドローを打ってるのかなという感じですね。

 

改めて見ると松山英樹プロの体があってこそできるゴルフスイングですね。

 

一般人には真似のできない、まさにプロのゴルフスイングですが、ゆっくりとしたバックスイングはマネしたいところです。

 

それにしても、スローで見ても本当に手を使ってないことが分かります。

 

下半身始動で始まり、左足で踏ん張ってタメを作り、一気に上体をインパクトからフィニッシュまで戻していきます。

 

この間、頭に位置はほとんど動かずに大きな、右足で蹴りながら大きなフォロースルー持って行っています。

 

解説付で、一連の動きが分かりやすいので、スイング全体を真似するのは無理かもしれませんが、要所要所を参考にするには良いかもしれません。

 

やはり下半身強化とまでは行かなくても、せめて体幹強化はしなければいけませんね。

ギリギリでコックがほどかれるからヘッドが走る!だから飛ぶ!

ゴルフスイング画像

プロとアマチュアゴルファーの大きな飛距離の差は、どこから生まれているのか?

 

たとへば300ヤードドライブを誇る松山英樹プロのゴルフスイングを見てみると、ハーフウェーダウン(手が右腰の横に振り下ろされる地点)まで、コックはほどかれないままでいることが分かりますか?

 

そしてコックは、この位置から一気に解放へ!

 

インパクトの直前ギリギリの地点でリリースされるから、ヘッドはインパクトに向かってグーンと加速していきます。

 

さらにシャフトのしなり戻りの効果も使えるから、強力なインパクトが実現できます。

 

 

これが『ヘッドが走るインパクト』となるわけです。

ゴルフスイング動画

 

こう説明すると何だかややこしく感じますが、私たちゴルファーはその動きの事を”タメ”と言っています。

 

そのタメこそが、ヘッドスピードを上げ、ボールを遠くへ飛ばすための大きな武器になるわけです。

 

プロゴルファーが飛ばせるのは”タメ”のおかげです!

ドライバーの打ち方 テクニック集

高弾道で飛ばすテクニック

目線を高くするとアッパー起動でドライバーの飛距離がアップ 球の高さはアドレス時の目線でコントレール出来る

 

ドライバ-で飛ばすときは、ターゲットへと目線を高くすると方にラインがやや左肩上がり(右肩下がり)になり、通常より右足体重に、その結果、アッパーブローの軌道でボールをとらえることができます。

 

打ち方を意図的に変えなくても、目線が変化し、スイングも自然に変わりますが、目線を極端に高くすると右肩が下がりすぎてしまい、すくい打ちになるので注意しましょう。

 

スイングの再加点を過ぎてからボールをとらえる
左肩上がりの肩のラインにそってスイングすれば、アッパー軌道になり高弾道で飛ばせます。
ボールをすくい上げるのではなく、左肩上がりの肩のラインにそって振り抜き、ハイフィニッシュを作る。

 

方向性重視の時は目線を低くする
ドライバーでも方向性を重視で打つときは、目線を低くして構えます。
目線をほぼ水平にすると、右肩の位置が高くなり左右均等の体重配分に、こうするとレベルブローの軌道で真っすぐ打てます。
目線を低くするときは、ボールを内側に入れて、水平回転をイメージしながら打つ

 

体重移動で飛ばすテクニック

右足の蹴りでボールを押し込む インパクト後の一押しが強い球を生む

 

ドライバーの飛ばしのテクニックに、ダウンスイング以降で右足のケリを強くするというのがあり、右足の拇指球とつま先で地面をけってボール方向へグッと力をかけます。
こうすると体重が左足に乗り、ボールを強く正確に叩けるようになります。
当てるだけのインパクトでは飛んでも球筋が弱くなってしまうので、右足のケリとともに右手を伸ばして、ボールを押し込むことがコツで、インパクト後のひと押しがあれば、強い球でもっと飛ばせます

  • 体重移動で飛ばす・・・右足の拇指球とツマ先で地面をけるのを強くするほど、体重が右足に乗り、体の回転スピードが速くなります。
  • ケリがないとすくい打ちに・・・右足のケリがないと、左への体重移動ができずに、すくい打ちのスイングに」なってしまい飛ばすことはxできません。
  • フィニッシュはツマ先立ち・・・右足の裏が真っすぐになり、ツマ先立ちの状態になるのが理想形、体重が右足に残りやすい人は、この形ができているかチェックしてみよう。

 

ヘッドスピードを上げるテクニック

頭をボールの右に置くとヘッドスピードが上がる
飛距離を出すには、インパクト直後でヘッドスピードを最大にしたいんですが、ダウンスイングで体が左に流れたり、体重が右に残るとヘッドと体が引っ張り合う形にならないのでスピードが出ません。
こうなる人は頭が動いているので、頭をボールの右に置いたまま打ちましょう。
理想は、切り返しで左腰をアドレスの位置に戻してからクラブを下すこと、その間に頭が動かなければ、腰が引けたり上体が突っ込んだりしません。
インパクト直後にクラブと体が引っ張り合う関係になるので、ヘッドスピードが最大になります。
頭をボールの右に置いたまま打ち抜けば、体とクラブが引っ張り合うので形でスイングできるのでヘッドスピードが上がります。

 

フルスイングで真っすぐ飛ばすテクニック

振り抜くラインを先に決めて打てば、当てようとする意識やインパクトの詰まりが無くなり、一気に振り切れるので飛んで曲がらない球が打てます。
打ちたい球筋をイメージしてアドレスしたら、バックスイングせずにフォローの形を一度作ってみましょう。
こうやって頭と体に理想とするフォローを覚えさせてからスイングすると、軌道が安定するので曲がらなくなります。
これでフィニッシュまでの振り切りもさらに良くなります。
バックスイングをしないと、だれでも簡単に理想的な左足体重のフォローがとれます。
フォロー側の動きを意識することによって、リストターンや体重移動がスムースに行われボールを正確にヒットできるようになります。
本番ではこの形を再現するようにスイングしましょう。

 

ヘッドを走らせるテクニック

手首を積極的に使ってボールをしっかり捕まえる
飛ばすためには体の回転だけではなく、手首を柔らかく使ってヘッドを効率よく走らせることがとても大切です。
そこで、バックスイングで肩を回しながら、アーリーコックでヘッドを高い位置に持っていきます。
コックとは手首を親指方向にタテに折る動き、そのタイミングを早くするのがアーリーコックです。
こうするとヘッドの運動量が大きくなるうえに、ダウン以降も手首を積極的に使えるので、ボールを捕まえて飛ばすことができます。
コックを使ってヘッドを高く上げる、始動とともにコックをはじめて、ヘッドの運動量を大きくする。
飛ばない人はコックそのものができていないか、コックのタイミングが遅いので注意が必要です。
ダウンスイング以降は手首をやわらかく使いながら、リストターンでヘッドを走らせる。この手首の返しがないとボールがつかまらずに飛ばない

 

10ヤード飛距離アップするテクニック

アドレスもインパクトもハンドファーストすれば球を捕まえて飛ばせる
インサイド・アウトの軌道のなかで、ハンドファーストにボールをとらえるとドローボールで飛距離が出せるようになります。
ダウンスイング以降で、体が突っ込まないように頭をしっかり残すことがポイント。
ややハンドファーストに構えて、ハンドファーストにインパクトすることが、飛ばしのテクニックです。
効果としては、手を目標方向に出すとその分クラブが遅れてくるのでタメができるのと、ハンドファーストに構えるとフェースが少し右を向くので、ボールを右に押し出してドローボール飛距離を出すことができます。
通常よりワイドスタンスにして、体重移動を大きくするのも飛距離をアップするコツになります。

 

ドライバーで方向性を出すテクニック

ドライバーで方向性を出すには左ヒジを浮かさないようにする、左ヒジを低く動かせば真っすぐ打つことができます。
身体の回転と腕の振りを同調させるには、左ヒジの動きがポイント、左ワキを締めて左ヒジを浮かさないように、左ヒジを地面に向けながら低く動かすことによって、ヒジたたみがスムースになりヘッドが走り、右肩の高さをキープできてレベルターンのスイングができるようになります。
これがドライバーショットでも、方向性をだして正確に飛ばすテクニックになります。
左ヒジが浮くほどに、スイング軌道もフェースの向きもブレてしまうので注意しましょう。

 

狭いホールのティショットテクニック

狭いホールで絶対に曲げたくないときは、切り返しで打ち急がずにゆっくりクラブを下します。
スイングのテンポをいつもより遅らせて、ゆっくり大きくスイングするイメージで振ると、スイングバランスが良くなりミート率が上がります。
コツとしては、バックスイングで左肩をあごの下にしっかりと入れることが大切、肩の捻りが浅くなると切り返しで手を使ってしまい軌道が安定しません。
真っすぐに飛ばしたい時ほど、下半身を動かすことも忘れずに!

 

ミート率が上がり曲がらないテクニック

ボールへの”斜めの目線を”キープすれば、ミート率がアップし真っすぐ飛ばせる!
ドライバーの場合、球を左足かかと線上に置いてやや右足体重で構えるため、ボールを右斜め上から見ると思います。
飛んでも曲がってしまう人は、このななめの目線をアドレスからトップ、そしてインパクトまでキープしてください。
バックスイングは体を右に捻転させるので、顔の向きが変わって球から少し離れる感じになりますが、目線のアングル(角度)は変えないことがコツです。
インパクトまで目線を保てば、体の早い起き上がりやヘッドアップなどのミスも防止できます。
頭を残しすぎると、バックスイングでは捻転不足になりフォローでは振り抜きが悪くなってしまうので注意しましょう。