フェースはボールを落としたいところに向ける

リストターンの量でドローとフェードを打ち分ける

フェードボールは出来るだけリストターンを抑える

ゴルフスイング フェードボールの打ち方

 

インパクトゾーンで両ヒジを自分に向けておこう

 

 フェードボールを打つ場合、アウトサイドインのスイング軌道にこだわりすぎると、スライスになったり、引っかけがでます。
目標の左に対してスクエアに構えたら、あとはスタンスに沿ってクラブを振り抜くだけです。

 

 アドレスの際、どれだけ左を向くかですが、ボールを打ち出したい方向に対して体のラインをスクエアに合わせます。
曲がり具合には個人差があるので、練習場でどれだけ右に曲がるのかチェックしておきましょう。
もちろん、フェースはボールを落としたいところに向けます。

 

 インパクトゾーンでのリストターンはほとんど行いません。
両ヒジを自分に向けたまま体を左に回していきます。
この場合、胸をボールに対して正対させてインパクトする意識は必要ありません

 

ポイント1 打ち出したい方向に対してスクエアに構える
体のラインを目標の左に対してスクエアに合わせる。
ただし、フェースはボールを落としたいところに向けておく。
つまり体のラインに対しては少しオープンフェースになる。

 

ポイント2 打ち出したい方向より胸は開いてインパクトしていい
ダウンスイングで胸をボールに対して正対させる意識は必要ない。
胸を残すと左に曲がるボールが出やすいので要注意

 

ポイント3 フォローで両ヒジは自分を向く
リストターンを行うと右ヒジは目標の反対を向くが、フェード打ちの場合は、リストターンを行わないので見えている右ヒジは自分を向いている

ドローボールを打つ時はリストターンをしっかり行う

正しいリストターンが出来れば、右ヒジは目標の反対を向く

ゴルフスイング ドローボールの打ち方

 

 ドローボールを打つ際も、インサイドアウトの軌道を意識するより、目標の右に対してスクエアに構え、そのままスタンス通りにクラブを振り抜くほうがいいでしょう。
フェース面は、ボールを落としたいところに向けておきます。

 

 どれくらい右を向くかですが、ほんの少し向く程度で十分です。
ここが、フェードを打つ時との違いです。
極端に言えば、目標に対してスクエアに構えてもいいぐらいです。

 

 それでは、どのようにしてボールに右回転を与えるかですが、ダウンスイングの際、胸をボールよりも右に向けたままクラブを下ろします
トップの形を崩さないまま、タメをつくるイメージです。
そこからインパクトゾーンにかけて、リストターンをしっかり行います。

 

この場合、右ヒジは目標の反対を向きます。
どれぐらい左に曲がるかは個人差があるので、練習場でチェックしておきましょう。

 

ポイント1 タメをつくるイメージでクラブを下ろしていく
ドローボールをうつときは、胸の開きを抑え、タメをつくるイメージでクラブを下ろす。
胸をボールより右に向けたイメージでもいいくらいだ。

 

ポイント2 右ヒジを目標の反対に向ける
リストターンをしっかり行うことが、ドローボールを打つコツ。
右ヒジが目標の反対を向くまでしっかりと返そう。