ボール位置の移動は1センチなので意識しなくても良い

高いボールの打ち方

高いボールを打つ時は右肩の位置が低くなる

ゴルフスイング 高いボールの打ち方

 

ヘッドのクラウンよりもボールの赤道が高い位置になる

 

 基本的にボールの工程を打ち分けるときは、ティアップの高さを変えます。
高いボールを打つ場合、ボールの赤道がヘッドのクラウンよりも少し上に来るぐらいの高さにします。
このとき、ボールを通常よりもよりも内側にセットしないこと。
ヘッドがアッパー軌道を描く前にボールをとらえるので、フェースの上部に当たり、テンプラが出るからです。

 

 厳密にいえば、通常の位置よりも1センチほどボールを左に置きますが、あえてボールの位置にはこだわらない方がいいでしょう。
目線を高いところに合わせることで、自然と右肩が下がります。
この状態でボールを右に置く人はいません。
自動的に左にセットされるのです。
目線の違いでボールの位置が変わることを頭の中に入れておきましょう。

 

また、ボールの右サイドを見ることでも、肩のラインは右肩が低くなります。
正しいアドレスさえできてしまえば、あとはいつもどおりにスイングするだけで、ボールは高く上がります。

 

ポイント1 ボールの高さは赤道がクラウンより少し上
ティアップを高くした方が、ボール高く上がりやすい。
このとき、ボールの位置はいつもりより1センチほど左になるのが正しい

 

ポイント2 目線を高くすると右肩が上がる
ボールの位置を気にするよりも目線を高くした方が、ボールを通常よりも少し左めにセットできる。

 

ポイント3 体の軸と肩のラインの関係を変えない
目線を低くしたことで、体の軸に対して肩のラインは垂直になるが、それをキープしたままフェースをボールに合わせる。

低いボールの打ち方

低いボールを打つ時は肩のラインをほぼ水平にする

ゴルフスイング 低いボールの打ち方

 

ヘッドのクラウンよりもボールが少し出る程度のティアップの高さ

 

 低いボールを打つ場合、ティアップの高さはクラウンからボールの頭が少し出るくらいです。
今度は目標を低くすることにより、自然とボールの位置も決まってくるからです。
高いボールのを打つときは右肩が下がりましたが、低いボールを打つときは左肩が下がるわけではありません。
左肩よりも右肩が軽く下がった状態か、もしくは両肩のラインが地面とほぼ平行になるぐらいです。

 

 低いボールを打ちたいからといって、ダウンブローに打つ必要はありません。
ティアップが低くなり、ボールが少し内側に入ったことで、自然とフェースの芯よりも少し下の部分でボールをとらえるため、弾道が低くなります。
あくまでもいつもと同じ自分のスイングをするつもりでクラブを下ろししていきます。

 

 また、ティアップが低くなっても、地面より高い位置にあることは変わりません。
ボールをとらえやすい状況であることを忘れないでください。

 

ポイント1 ティアップは低めにする
ボールがクラウンよりも少し出るぐらいの高さに抑える

 

ポイント2 肩のラインはほぼ水平にする
目線を低くすると、肩のラインは軽い右肩下がりかほぼ水平になる。
このとき、ボールの位置は自然にいつもより少し内側に入る

 

ポイント3 体の軸と肩のラインの関係を変えない
目線を低くしたことで、体の軸に対して肩のラインは垂直になるが、それをキープしたままフェースにボールを合わせる