自分の好みでグリップかフェースの向きを変える

自分の好みでグリップかフェースの向きを変える

ダウンスイングではフェースが開いている!

ゴルフスイング グリップ

アマチュアゴルファーの皆さんは、アドレスでフェースを目標に対してスクエアに合わせて構えたら、そのままインパクトでもスクエアに戻ってくると思っていませんか?

 

実は、ダウンスイングでは物理的にフェースが開いた状態でヘッドが下りてくるので、そのまま普通にインパクトを迎えると、ボールは目標の右に打ち出されます。

 

それを察知しているから、体を使って必死にフェースの向きを戻そうとします。

 

特にアマチュアゴルファーの場合、ダウンスイングで右肩を前に人が多く、それが原因でカット打ちになるためにスライスの壁を永遠に越える事が出来ません。

 

もちろん、それだけ飛距離もロスしています。

 

ポイント1 ストロンググリップに変えるならフェースの向きはスクエア
ダウンスイングで左手甲を目標に向けるイメージで下ろしてくると、開いたフェースがインパクトで閉じます。

スクエア、ストロングのどちらの握り方でもよい

上記の事を防ぐには二つの方法があります。

 

①ストロンググリップに変える

  • 左手甲が目標ではなく少し上を向き、ナックルも見える形で握り右手は左手の向きに合わせます。
  • このグリップなら、ダウンスイングで左手甲を目標に向けるように両手を戻してくると、開いていたフェースが閉じて目標に対してスクエアになります。

 

②左へ引っかけるという恐怖感を持つ人は、スクエアグリップのままで構わない

  • 代わりに、フェース少し目標の左を向くように構えてください。
  • フェースが開いて下りてくるぶんを、最初に相殺しておくわけです。
  • そうすれば、いつも通りに振っても、インパクトでフェースがスクエアになります。

 

最初は今までのクセでアウトサイドインのスイング軌道で振るため、フェースを閉じるとボールはそのまま左へ飛んでいきます。

 

しかし、我慢して練習を続けていくうちに体が開かなくなり、スイング軌道が変わってきます。

 

ボールをしっかりとつかまえられるので、飛距離も伸びてきます。

 

ポイント2 スクエアグリップならフェースを少し閉じる
フェースが開いて下りてくることを計算し、その分をあらかじめ閉じて構えれば、インパクトでスクエアになる

グリプとは手だけでなくヒジから先だと考えよう

ストロンググリップは手首だけをかぶせてもダメ!

ドライバー グリップ

ストロンググリプを作る場合、手の向きだけを変えるには間違いです。

 

なぜなら、手首から先がグリップではなく、ヒジから先がグリップだからです。

 

したがって、左前腕をまったく動かさず、手首だけをかぶせても、それはストロンググリップにはなりません。

 

スクエアグリップから変えるために、まだ右にボールが打ち出されるのはそこに原因あるので、左前腕も内側に少し回した状態でグリップを握ります。

 

  • 右手の小指を左手の人差し指の上に乗せるオーバーラッピンググリップ
  • 右手の小指と左手のひさし指を絡めて握るインターロッキンググリップ
  • 野球のバッターと同じ握りのベースボールグリップ

に分かれますが、右手に力が入りにくいインターロッキングをおすすめします

 

ポイント1 ヒジの向きも左手甲と同時に変える
ストロンググリップにする時は、左前腕の向きも変える。そうして初めて、ダウンスイングからインパクトにかけてフェースをスクエアに戻せる

 

ポイント2 握り方だけストロングではフェースは開いたまま
アドレス時に手首と共にヒジも少し時計回りに回しておかないと、ダウンスイングでフェースは開いたままになる

 

ワンポイントアドバイス

  • 米ツアーの若手に多いのがインターロッキングです。
  • バックスイングやダウンスイングで右手のひらをパーにしてもグリップから離れないので、右手に力が入りません。
  • スイング中、右腕や右肩に力が入る人にはおすすめです。