テークバックを入るまでは常に動いている状態をつくる

テークバックを入るまでは常に動いている状態をつくる

ゴルフスイング ワッグル

ワッグルをしながら体の各部の点検を行う

 

ヘッドを地面に置いた瞬間、筋肉はその働きを失う

 

ボールの前に移動してスタンスやボールの位置を決め、フェースも目標に向けました。
体の前傾角度やヒザの曲げ具合もOK。
全てが整いました。

 

そうしたら、あとはクラブを上げるためのGOサインを待つだけです。
実は、この”ヨーイ、ドン!”を、どのように待っているかが大切なポイントになります。

 

絶対に避けたいのは、ヘッドを地面に置いて合図を待つこと。
そうした瞬間に、筋肉の適度な緊張感が解けて、働く準備が止まってしまうからです。

 

セットアップ出来てから”ヨーイ、ドン!”までは、ヘッドの動きを止めないようにしましょう。

 

そのために有効なのがワッグルです。

 

ポイント1 ワッグルを行う理由は、ヘッドを地面に置きたくないから
テークバックに移るまでをアドレスと考えるなら、アドレスが静止する事はないと考えよう
左右でも上下でもいいのでヘッドを動かしていれば、筋肉がその動きを失う事はない

 

ポイント2 ヘッドを7地面に置いたまま構えては正しいポスチャーにならない
ヘッドを地面に置いたままでは筋肉の適度な緊張感がなくなって動けなくなる
ワッグルすればヘッドの動きが止まらない

脳と体の対話を行う事で、筋肉は自然とリラックスする

セットアップが成功したなら、つぶやきながら動きを確認すると良いでしょう。

 

ワッグルをしつつ
「よしっ、グリップOK!スタンス向きOK!肩、腰、ヒザのラインOK!フェースの向きOK!よしっ、上げよう!」

 

練習場だったら、少し声を出しても良いでしょう。
この脳と体の対話があるかないかで、スイングが大きく変わってきます。

 

人によっては、自分なりの課題があると思うので、オリジナル性をだしてみましょう。

 

カカト寄りに重心が来る人は、母指球の上に重心が来ているかを確認する会話を入れていきます。
「重心位置OK!」
すると足の裏から”OKです”という返事が返ってきます。

 

同様に、クラブを強く握りすぎる人なら
「グリップ圧OK!」
手のひらから”OKです”という返事が返ってきます。

 

要は、ロケットを打ち上げる際のエンジンを始動させるための準備と同じです。
このような会話をしていくうちに、自然とリラックスでき、スムーズにテークバックへ移行できるようになります。

ワッグルでクラブの重さを感じると正しいポスチャーが保てる

クラブの重さがあるからグリップ圧も適正になる
 なぜワッグルをしてヘッドをすっと持ち上げているのか、その大きな目的は、クラブの重さを感じていたいからです。

 

ヘッドをべたっと地面に置いた瞬間にクラブの重さは減ります。
しかし、ヘッドを浮かせておけばクラブの重さを100%感じられます。
つまり、グリップ圧が適正になるわけです。

 

左手の中指、薬指、小指の3本、そして右手の中指と薬指で、ある程度クラブの重さを感じることが、体全体のポスチャーを保つためのポイントンいなります。
へっどを地面に置くと、両手への圧力がなくなります。
背中の圧力も変わってしまいますから、ポスチャーが分からなくなるのです。
逆に言えば、ヘッドが浮いているからこそ、ポスチャーを正しくキープ出来るわけです。

 

 

クラブを地面につける事で起点を頭で確認できる
99.99%のプロは、ヘッドを上げています。
ただし、最後に一瞬だけ地面につけます。
置いていると言うよりも、触れているというイメージです。
それがスタートの合図になるからです。

 

100メートル走のスタートや相撲の立ち合いでも、次の動きを行い直前に手をつきますが、それと同じです。

 

また、一瞬でもつけておかないと、ゼロ起点がなくなってしまいます。
クラブを置くと言う作業は、自分の中心点から一番遠くにあるクラブでの、あるいはスイングを円軌道とした場合の、末端と中心のゼロを作るという事です。

 

 

ポイント1 体を揺らして足踏みをしつつ正しい重心位置かを確認
体を左右に軽く揺らしながら、ヘッドも動かす。
同委に足踏みを行う事で、重心位置の確認をする。
この間、ヘッドを一度も地面につけない。
このようなワッグルを行う事で、テークバックまで正しいポスチャーをキープできる

 

ポイント2 正しい重心位置が確認できたらヘッドを芝に一瞬つける
「リキまないためにhベッドを浮かせておくことが大切ですよ」と言いながら、最後にヘッドを地面に置く。
もちろん、ベタッと置くのは論外。
芝生に触れるか触れないかぐらいがポイントになる。