トップに位置を無理矢理高くしても何の意味もありません!

飛ばしのトップスイングは背中を1枚の板だとイメージして回す

左腕が時計の10時を指すトップスイングを作ろう

ゴルフスイング トップ

 

バックスイングが正しいとダウンスイングに問題が生じない
ひと昔前までは、トップスイングでの左腕は時計の12時近くを指しことが望ましいと言われていました。

 

しかし、中高年のシニアゴルファーは、柔軟性が低下し、そこまでクラブを上げることは難しいのが現状です。
無理をしたとしても、それは単に両手に高く上げただけのトップスイングであり、上体の捻転ではありません。

 

シニア世代の方は、トップスイングで左腕が時計の10時を指すぐらいで十分です。
それでも飛距離はしっかり稼ぐことは出来ます。

 

正しいバックスイングを行うと、安心してクラブを下ろしてくることができます。

 

逆に、肩の回転が不十分だったり、あまり上体が回っていないなと感じると、それを補おうとしてダウンスイングに余計な動きが生まれ、正しい位置にクラブが下りてきません。

 

当然、飛距離や方向性にも影響します。
左腕が10時を目指すと決めたら、そこまで上体を回していきましょう。

 

 

ポイント1 目標の反対方向に胸を向けていく
左腕が10時を指しても、上体が回っていなければ、正しいバックスイングとは言えない

 

ポイント2 左腕が時計の10時をさすまで上げられれば飛距離はおちない
ドライバーショットでも、左腕が時計の10時を指す位置まで体を回すことが出来れば飛距離が極端に落ちることはない

背中を1枚の板だと思って右に回してみよう

背中の回転運動に右足への重心移動をプラスする

ゴルフスイング 重心移動

 

スイングの中で、トップスイングはほんの一瞬にすぎません、しかし、それは永遠と呼べるほど大切な瞬間でもあります。

 

自分にとって理想のトップスイングをかたどった、目に見えない透明な銅像があるとします。

 

そこにピタッと自分の体が収まったとき、もうナイスショットは約束されます。

 

そのためにも、上体をしっかり回すことが大切です。

 

肩の回転の回転だけだと上手く上体が回わせない人は、背中を1枚の板と考え、それを目標に向けるつもりで回転してみましょう。

 

このとき、右足に重心をしっかり移すことを忘れないようにします。

 

右股関節に何かを挟むイメージを持つと、バランスのいい位置に重心が乗ります。

 

上体の回転と右足への重心移動があれば、理想の型にピタッとはまる確率も高くなります。

 

 

ポイント1 背中を目標に向けると上体は自然に回る
肩を回すイメージがピンとこない人は背中を目標に向けることで、上体が回るようになる

 

ポイント2 右股関節に手が挟めると正しい重心位置になる
しっかりと手を挟むことが出来ると、トップスイングでちょうどいい位置に重心が乗るようになる。

 

ワンポイントアドバイス

  • バックスイングでスムースにクラブが上がらない人はアドレスを変えてみるといいでしょう。
  • 例えば、体が回らない人はスタンスを狭くし、重心が右足に乗りにくい人はスタンスを広げます。